【書評】すべてが伏線!「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」

読書

本書について

2020年の「このミステリーがすごい!」の国内編や「本格ミステリ・ベストテン」で第一位を獲得して話題になったミステリー小説。この本を書かれたのはマジシャン兼作家という一風変わった肩書を持つ相沢沙呼さん。普段の作品では「日常の謎」を取り扱うことの多い相沢さんが初めて「殺人」というテーマに挑戦したのが本作となります。マジシャンならでは(?)の視点から描かれたストーリーはほかの推理小説にはない、新たな境地を開拓したといえそうです。

「すべてが伏線」というハードルを上げまくったキャッチコピーにも関わらず、緻密な構成で数々の読者をうならせた本作。ミステリ好きの方もそうでない方も楽しめる一冊となっています。

あらすじ

推理作家の香月史郎は、知人の紹介で特殊な霊能力を持つ少女 城塚翡翠と出会う。ある事件をきっかけに、香月はこの特殊な能力を持つ少女と事件を解決していくようになる。翡翠の霊能力は完全ではなく、証拠能力はないものの、推理作家である香月が持ち前の論理構築でそれを補っていく。

二人は世間を震撼させている連続死体遺棄事件に挑むことになるが、証拠を一切残さず冷酷な犯行をし続ける犯人に二人はたどりつけるのか…

感想

よくSNS等で見かけ気になっていた一冊。普段この手の本はあまり読まないのですがいい意味で裏切られた作品でした。「霊能力」と聞くと、なんだか胡散臭いと思ってしまう方も多いと思いますが、そんな心配は無用です。物語が終わるころには、圧倒的な読後感に包まれていると思います。

そしてなによりキャラが良いです。この本を読んだらきっと城塚翡翠が好きになっているはず。近いうち実写化もされそうな気がします。映像化は難しいかもしれないけど。
まだ読んでないですが続編の「invert 城塚翡翠倒叙集」もあとでレビューしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました