お金について知ろう!お金に「できること」と「できないこと」

ライフプランニング

お金について考えたことありますか?

皆さんはこれまで「お金」についてじっくりと考えてみたことはありますか?

普段何気なく使っているお金。日々、ごく当たり前のように使っていると、なかなか考える機会もなく、「お金ってなに?」と聞かれたときにパッと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

今回は普段あまり考えることのない「お金ってなんだろう」というテーマについて書いていきたいと思います。そのうえで「お金にできること」と「お金にできないこと」についてお話します。

これから「お金を貯めたい」、「金融について学びたい」と思っている人は、ぜひ一度根底にある「お金」について理解を深めてみてください。

お金とは共同幻想である

なぜ原価数十円といわれる1万円札でモノが買えるのでしょうか。

それは売り手と買い手が1万円札に1万円の価値があると信じているからです。ちょっとわかりにくいので解説していきます。

「お金」とは言ってしまえば「共同幻想」です。人々が「価値がある」と信じているから「お金」は価値を持ちます。今でこそ「お金」は紙幣や貨幣の形をしていますが、歴史を振り返ってみると、石だったり貝殻が同じ役割を担っている時代もありました。人々が価値があると信じていればそれはどんなものでも「お金」になりうるのです。最近では電子マネーが普及していますが、もはや「お金」は形がなくても通用する時代になりました。電子マネーの先というのはなかなか想像できませんが、これからも形を変えて変化していくのかもしれません。

お金の持つ役割とは

経済学では「お金」には3つの役割があるとされています。

①価値を明らかにする(価値の尺度)

お金には、モノが持つ価値を図る尺度があります。そのモノやサービスにどれだけの価値があるかを判断する材料となるのです。尺度がないとモノやサービスのどれだけ支払う価値があるか判断できません。日本では「円」とういう共通のモノサシが価値の尺度になっています。この尺度があるおかげで私たちは比較をすることが可能になりモノやサービスを買う判断ができるようになります。

②交換をスムーズにする(交換の媒介)

世の中は物々交換によって成り立ってます。なにかモノやサービスを手に入れたいと思ったら、当然その対価を支払う必要があります。お金という共通の交換手段がないと世の中は大変なことになります。Aさんからモノやサービスの提供してもらうとしたら、Aさんが望む対価を支払う必要があります。しかし、Aさんが望むものを自分が持っていない場合は、モノやサービスを受け取ることはできません。Aさんが望むものを持っている交換相手をまた探す必要が出てきてしまいます。お金は共通の交換手段として交換をスムーズにする役割を担っているのです。

③将来のために蓄える(価値の貯蔵)

自分が生み出した価値を将来のために蓄えておけるのもお金の重要な役割です。昔からお金は長期間保存できるものが選ばれてきました。例えばリンゴがお金としてる使われるようになるとどうなるでしょうか。リンゴは腐りますので、当然交換には使えなくなり、自分が生み出した価値を保存することができません。お金として認められるためにはそれが長期的に保存できるかというのも重要なポイントになるのです。

「お金にできること」と「お金にできないこと」

さて、ここまでお金についてその成り立ちや役割を見てきましたが、最後に「お金にできること」と「お金にできないこと」について書いていきたいと思います。これは筆者が過去にプライベートバンカーの第一人者の方から教えていただいた内容をもとにまとめたものです。これからお金を貯めたいと思っている方は、貯めたお金でどんなことができて、どんなことができないのかをぜひ知っておいてください。

お金にできること

①モノやサービスを購入すること

これは解説するまでもないかと思いますが、お金はモノやサービスと交換することができます。お金があればより多くのモノを手に入れたり、質の良いサービスを受けることが可能になります。ただし、自分にとって必要のないモノやサービスは見極められるようにしておきましょう。人の欲望にはゴールがありません。

②他人を支援すること

お金には他人を支援する力があります。やりたいことがあっても金銭的な理由で夢を諦めてしまう人は数多くいます。お金があればそういった人たちの支援をすることができます。中にはエンジェル投資家のように他人の支援をすることを生業としている人たちもいます。「お金は人を狂わせる」という言葉があるようにお金を与えたことで、支援した人の人生も変わります。自身の支援によって人をダメにしないような注意は必要です。

③自分の時間を増やすこと

時間には限りがあります。どんな人でも1日24時間という時間が平等に与えられており、一人でなんでもやろうとすると時間はいくらあっても足りません。ですが、お金があれば自分の時間を増やすことができます。他人の時間やスキルを買うことで、自分の余暇時間を作ったり、少し高い家賃を払って会社の近くに住めば通勤時間の節約にもなります。自分の時給とかかる時間を比べた時に、お金を支払う価値のあるサービスはたくさんあります。皆さんもぜひ「時間をお金」で買うといった意識は常に持つようにしてください。

お金にできないこと

①人間関係に関すること

「友情」や「愛情」といったものはお金では買えません。筆者も富裕層の方とお話ししていて一番多い悩みが人間関係に関することだと思っています。これまで仕事一筋で家族を省みてこなかった、友人と呼べる友人がいない等の悩みは本当によく聞きます。皆さんも改めて身の回りの家族や友人、恋人を大切にしてあげましょう。本当の「友情」や「愛情」はお金があっても手に入れることはできません。

②健康に関すること

心と身体の健康もお金で買うことができないものでしょう。失ってしまった心と身体の健康はお金では取り戻せません。お金があっても健康でいなければお金を生かすことはできないので、日ごろから健康には十分注意するようにしましょう。もちろんお金があれば質のいい医療サービスやカウンセリング等を受けることはできるでしょうが、なるべくそういったサービスにはお世話にならないのが一番です。

③やりがいに関すること

やりがいもお金で買えないもののひとつです。私たちは仕事をしている対価としてお金を受け取っていますが、仕事から得られる報酬はお金だけではありません。「お客さんから感謝される」、「昨日までできなかったことができるようになる」といったやりがいや達成感も仕事を通じて獲得しています。こういったものは自身が懸命に考え行動した先にしか得られないものです。

まとめ

いかがだったでしょうか。本日は「そもそもお金とはなにか」という話から始まり、最後に「お金にできること」と「お金にできないこと」について書きました。「お金について勉強したい」、「お金を貯めたい」と思う方は、ぜひお金の限界についても知っておいた方がよいのではないかと思いこの記事を書きました。やや抽象的な話になってしまった部分もあると思いますが、皆様がお金について考えるヒントになれば嬉しいです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました